沿革
昭和20年(1945) 10月
協栄はネジ加工で、大阪市で松本個人創業
昭和37年(1961)  8月
葛ヲ栄製作所に変更
資本金1,000万円
昭和38年(1962)  1月
社内報「友愛」発刊
協栄技術学院開講

人財教育に注力する協栄。
昭和37年 8月
定時制通学奨励高校
全額負担で、勉学に志す人の負担をなくし就業時間の短縮等全面的に協力しております。 

昭和40年(1965)  5月 大阪府より優良企業表彰を受ける
昭和40年(1965) 11月 中小企業庁より近代合理化で受賞
昭和42年(1967)  1月 東大阪市布市町に、8,350uの新工場完成
昭和45年(1970) 10月 資本金増資8,000万円に成る
昭和45年(1970) 12月 大阪中小投資育成会社の投資を受ける
昭和46年(1971)  7月 埼玉県加須市に、埼玉工場操業。26,000u
昭和48年(1973)  2月 JIS表示許可工場に成る
昭和55年(1980)  5月 増資を重ねて、資本金15,000万円に成る
昭和56年(1981) 5月   三菱商事の要請でD鋲螺救済〜ダイエーファスナー設立操業
昭和57年(1982) 6月 青年重役会発足で研鑽
昭和59年(1984)10月 高力六角ボルトのJIS表示許可
昭和61年(1986) 8月 トルシヤ型ハイテンボルトの建設省認定
昭和63年(1986) 8月 松本が会長に、大垣治一社長に就任
平成 4年(1992) 4月 奈良県五條市テクノパーク・ならに
新本社工場に移転完了し、
操業開始。敷地〜30,560u
平成 9年(1997) 7月 ISO9002認証登録
平成10年(1998) 2月 上記資格 埼玉工場登録
平成12年(2000) 8月 松本正三郎が社長に復帰
平成15年(2003) 8月 ISO移行認証登録
平成15年(2003) 9月 ISO14001認証登録
平成17年(2005)10月 会社設立50周年を迎える

新社長:川名 輝夫
平成17年(2005)12月

平成21年(2009)

平成25年(2013)7月
無災害2,000日突破

第100回QCサークル発表大会を開催する。

松本 正三郎が会長、
川名輝夫が社長就任