KYEVプロジェクト開始


■電気自動車クラブを設立しました。既存の自動車を改造してコンバートEV車を作製するクラブです。 KYOEIは業務で培った技術を活かし様々なことに挑戦します。

 2012.4.2 KYOEI-コンバートEV自動車完成

KYEVプロジェクト詳細ページ

2011.9.1


■KYEVクラブ結成。 メンバーは普段自動車・機械いじりが好きな社員や、業務で開発に携わっている社員などで構成結成致しました。 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

・相談役 松本代表取締役社長 ・ 甲斐工場長
・リーダー 中井工事長 
・サブリーダー 峯林課長補佐

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 コンバートEV自動車を製作する為に工場の片隅を間借りしました。。
 コンバートEVにするのは勿体無いくらいの状態の良い車です。 (車を探し回って頂いた中井工事長有難うございました。) 
          
 ベース車:スズキ E-CN22S

2011.9.2


■各注意書きを窓に貼りつけて安全第一で作業開始です。 
          

          

          

           

          

2011.9.4 エンジンの取り外し作業

          

          

          

          

          


コンバートEV1号車完成・製作報告
技術管理部(電機)峯林 広和(記)
1.コンバートEV車の製作にあたり
  先ず、今回のコンバートEV車(注1)の製作の経緯ですが、同業他社でコンバートEV車を開発した旨の 記事が業界紙に掲載され、社長の「よっしゃ~、うちもやろうか」「クルマ好き集まって、電気自動車クラブ つくれ」の一声で、クルマ好き及び業務で開発に携わるメンバーが集い、コンバートEV車の製作が始まり ました。では、先ず車両探しから
  (注1:エンジンを外して、代わりにモータとバッテリーに付け替えたクルマを、コンバートEV車と言う)
2.車両探しと部品の手配(しかしながら、いきなりの難関・・・)
  では、中古の軽自動車を買って始めよか、モータはなに使う(DC・AC、色々あるけど)? バッテリーは? 配線は? 充電は? はてなの連続~、落ち付いて一つずつ調べましょ~ 車、何処で買うの~なかなか手頃な車がない、ナイ、ナイ~。ある日、車見つけてきたで~(中井 登さん)
 いい車で改造するのはもったいないナー。それから工場の一部に製作場所を設置して馬を作って車を載せて 製作準備完了(中井 登さん有難う)。
  次は部品購入、ところで何要るの? 何処で買えるの? またまた??? 「調べて見るワー」(永尾さん)
 「大阪のEVジャパンで部品買えるかも、講習もやっている」しかし講習込みでの部品販売で、部品だけでは 購入できない、次に「千葉のスカイモトクロスさん」「部品だけで購入可能」、必要な部品(キット)も解り 購入決定、後は部品の入荷待ち(永尾さん有難う)。
3.エンジン外して
  さーエンジン外して、ボンネットの中は手際の良い作業で空っぽ。部品届いたら、何時でも組み込みOK (小川さん・三好さん有難う)。
4.モータとバッテリーを積んでいよいよ、モータとバッテリー及び諸々部品の取り付け開始。そこで最大の難関、モータをギアーボックスに接続(モータの取り付け台の芯出しが難しい、更にモータ軸とギアーを焼きばめで接続)。それから、既存
 のバッテリー(12V)充電の為のDC/DCコンバータやブレーキ倍力用の真空バッファと真空ポンプ等が、いつの間にかボンネットの中におさまっていた(工務課のみなさん有難う)
5.バッテリーとモータ、諸々配線
  後は、電気配線で完成する。そこで各部品の取り説とスカイモトクロスさんから頂いたメモを確認して配線開始。車の後部に積んだバッテリーからボンネットのモータまで、電線を引き込み回路図の確認したところ、
 「200Aのヒューズを入れて下さい」とある、他にも真空ポンプ用の制御回路が付いている3Aのヒューズも必要、あれ~これらを付ける場所がない、そこで倉庫に行って適当なボックスや絶縁材料見つけて、急遽製作し、モータは取り説通りに正回転で配線完了、キースイッチは既存の物から配線してスイッチON、しかしモータが回らない、もう一度資料を確認(手描きの細い線で1本配線が追加されていた。配線OK)
6.モータは回ったがキーをONしてアクセルを踏み込む「モータ回った」周囲の声、しかし何かおかしい。前進1速、後退4速ギアーの関係上、逆転している。再びスカイモトクロスさんのメモ登場、「逆転する場合は・・・」の通りに配線修正完了、正常に回転。馬の上でタイヤを回してブレーキテスト、バコンという感じで良く効いている、
 続いて4速で全開(馬の上、走行状態ではありません)メータは140km/hを指している。
7.感動の試運転
 いよいよ、試運転へ・・・。オー~走ったよ、早いよ~。感動の一瞬でした。
 モータ:たったの8馬力・最高速:75km/h推定・一回充電航続距離:25km推定 (推定でごめんなさい)
8.その他
 ①興味があれば是非御試乗下さい(但し、注意事項を守って下さい)
  ・飲酒運転(二日酔い含む)は厳禁です。
  ・自動車の運転免許保有者でマニュアル車の運転が出来る方。
  ・安全運転出来ること。
  ・公道は走行出来ません。(構内のみ)
  ・特性上、バック操作にコツが要ります。
  ・定員は2名
 ②是非、カッコイイ(かわい~)ネーミングを御願いします。
                                           ― 以上 ―


国立 奈良工業専門学校様に研究用として寄付させて頂きました。

株式会社協栄製作所
奈良本社・工場

〒637-0014奈良県五條市住川町1387
TEL:0747-26-3570
FAX:0747-26-3577
E-mail:central.control.room
@neji-kyoeiseisakusyo.co.jp

埼玉工場

埼玉支社・工場/埼玉県加須市南篠崎1-1
TEL:0480-65-1351 
FAX 0480-65-5169

ISO・JIS認証工場

    
ISO9001
登録番号 JQA-1826
ISO14001
登録番号 JQA-EM3391